60歳からの人生(旅)ノート

おとな女子が素敵に生きる為に、60歳からの第2の人生をあなたはどう生きますか?

第二の人生を豊かに 舟橋栄二著

人生100年時代、還暦60才は、男性にとっても女性にとっても大きな節目。

特に男性にとっては、女性とは又違った環境の変化や思いがあるのは想像できます。

誰もが、これから人生どう生きようか?何を指針に、何を生き甲斐に?。。。各人様々な価値観で生き方を模索するのでしょう。

私も、そんな思いでこのブログを始めました。

本を読んだり、時には友人と語り合ったり、ヒントを得ようとしています。

でも、なかなか本音で語り合える気の置けない友人も少なくなってくる年代ですね。

 60才を機にこのブログをStartし、今月で63才になってしまいますが、汗;;

現在もまだ迷いつつ。。。試行錯誤の日々。

素敵に幸せに歳を取るというのは簡単ではないのです。

 

 f:id:soliste:20180708160428j:plain

下記の舟橋英二さんのホームページは、旅のこと、お金の事、英語の事etc、、大いに賛同することばかりで、私は大いに参考にさせていただいています。

※ご本人に了解を得て、リンクさせていただきますネ。

 

舟橋栄二「第二の人生を豊かに」

 

 私は、旅が好きで、いつもどこか行きたいなあ~とネットを検索しているのですが、なかなか、一緒に行けるような旅友というのは出来ません。

オンナもこの年齢になると,拘りや暮らしのリズム、価値観が出来上がっていて、お互い簡単には譲れませんから^^;わがままなんです。殊に金銭感覚は重要です。

「おひとり様限定ツアー」が増えるわけです。

 これは喜ばしい事でもあるのですが、今後はもう少し内容を細分化されたおひとり様限定ツアーを希望します。例えば、ロンドンからN.Yへミュージカル観劇三昧の旅とか。。いいなあ~しかもクルーズで大西洋横断して。なんて^^

 

 

 第二の人生を豊かに送る大切な要素である、旅について、舟橋さんは

 「安くて貧乏な旅」は若者に任せましょう

「高くて豪華な旅」は金持ちに譲りましょう

我々普通の熟年世代の目指す道は

「安くて豪華な旅です」

と仰っています。

このキャッチフレーズはドンピシャ!で、まさに我が意を得たり!全く同感です。

 

私は60才からは、楽で、安全で、愉しくて、ショーを観たり、興味に任せてチョコっと観光もできる、観光したくない人はのんびり船で過ごせる、安くて豪華に旅するクルーズが一番!だと思っています

もう、バスに乗って観光地を巡り,毎日スーツケースの中からその日着る服を取り出すような、周遊ツアーなるものに行きたいとは思いません。

 

夢の豪華客船クルーズの旅: 大衆レジャーとなった世界の船旅 (22世紀アート)

 

 

 

コチラ↓から購入できます

夢の豪華客船クルーズの旅: 大衆レジャーとなった世界の船旅 (22世紀アート)

夢の豪華客船クルーズの旅: 大衆レジャーとなった世界の船旅 (22世紀アート)

 

 

 

夢の豪華客船クルーズの旅-大衆レジャーとなった世界の船旅-

夢の豪華客船クルーズの旅-大衆レジャーとなった世界の船旅-

 

 

 

 

 

 

 

 

 





「通い猫アルフィーの奇跡 」

f:id:soliste:20180628175513j:image

 

著者はレイチェル・ウェルズ 英国人女性

翻訳 中西和美さんの 文章が又、いい〜〜んです(^。^)

 

そう〜云えば、今夜はサッカー日本🇯🇵⚽️VSポーランド🇵🇱戦でしたネ。  と、余談は兎も角。

「通い猫アルフィーの奇跡 」読みました

おもしろいし、感動しました。

このシリーズは全部読みたいです。

 

単に猫が可愛いとか胸が熱くなるとか、だけでなく、最後に著者が書いた台詞

「生きるってそういう事なんだ」

には大きく、頷きましたよ。

猫も人間も、この世に生まれて色んな事が有り、山坂越えて、頑張って生きるんです。

家猫だったアルフィーが、ある日突然飼い主のマーガレットが天に召され、相棒だった年老いた猫も亡くなり、ノラ猫になってしまう。

そこから、生きる術を自らの知恵と努力で学びながら通い猫として生きる決心をする。

しかし4件の人間の家族はそれぞれ、問題や悩みを抱えて生きていた。。。。

そんなストーリー

 

ブログ更新久しぶりなので、近況報告です

f:id:soliste:20180628181159j:image

18歳のドンちゃん、季節の変わり目に温度変化についていけずお腹を壊しゲリゲリ ぴーでしたので、名医の小森先生👨‍🏫に注射2本で💉直して貰いました。

f:id:soliste:20180628181232j:imagef:id:soliste:20180628181239j:image

 

私は歯医者さん通いです〜

奥歯のブリッジ作り直し、11万円の出費。。。痛ったたたーーーー

歯じゃなくて、懐が。。でも、60才からは歯は特に大事です!!

歯はちゃんと手入れしておかないといけません。

f:id:soliste:20180628181553j:image

こちらも、とっても良い先生👨‍🏫です

どなたが描かれのか?そっくりな絵が待合室に飾ってあります。😙

 

f:id:soliste:20180628181755j:image

若さがピークのこの子!喧嘩して顔を噛まれたのか?引っかかれて強いばい菌が入ったのか?膿んで顔が横に腫れて帰って来ました。

また、又小森先生👨‍🏫に直して貰いました〜

 

猫も人間も、良いお医者様と出会いは、宝です。

あちこち、ガタが来るのは自然の摂理、向き合いながら暑い夏を愉しく過ごしましょう〜

 

 

 

 

 

 

 

BURN THE FLOOR2018 TOKYO

バーン ザ フロアー2018 東京公演行って来ました💃❤️💃❤️

 

f:id:soliste:20180519183607j:imagef:id:soliste:20180519183621j:image

 

座席はエキサイティングシート 前から4列目真正面ど真ん中でした。

今回エキサイティングシート特典として、プログラム ・タオル・ キーホルダー・シールなどが入ったグッズと 終演後ダンサーと写真を撮って貰える特典が付いてました。

 

 

f:id:soliste:20180519183637j:imagef:id:soliste:20180519183644j:image

素敵なダンサーカップル💃🕺と

 

 

2年前、地中海クルーズで乗船したノルウェージャンエピック🚢のショーで上演されていた「バーンザフロア」を観て魅了され以来大ファンになりました。

コレは、オットにも見せたい!と思い昨年、バルト海クルーズではノルウェージャンゲッタウェイを選びました。

 

外国船では様々なショーがありますがダンスショーでは文句なしにBURN THE FLOORがNO1だと思います。

 

ダンサー💃🕺達の華麗でハイレベルなダンステクニックに加えて、見事なエンターテイメントな演出に興奮しっ放し!でした。

 

CD   Tシャツ など買って ウキウキ❣️

f:id:soliste:20180519183729j:image

 

良い本2冊ご紹介

最近、読んで良かったなあ~としみじみ思った本のご紹介です

f:id:soliste:20180516175827j:image

1冊目は

高田明と読む世阿弥

昨日の自分を超えていく 

ジャパネットタカタ創業者の「自分市場最高」を追う生き方

 

?田明と読む世阿弥 昨日の自分を超えていく

?田明と読む世阿弥 昨日の自分を超えていく

 

 

この本は、買いました!(図書館本ではありません)

日経新聞のに連載されていた高田明さんの私の履歴書を毎朝楽しみに読んでいて、ああこの人の本なら読んでみたいなあと思いました。

f:id:soliste:20180516200810j:image

「自分史上最高」を目指すとは「他人と自分を比べない」こと・

昨日の自分より今日の自分。ただそれだけで夢がかなう

 

なんだか、今の私の心境に合っていたのでしょうか?言葉がスーッと心に入ってきて、とても清々しく元気になりました。

なんでも、人と比べず精一杯生きるって、人として一番大切だなあと思いました。

たかたさん、尊敬します。

 

2冊目は「人生と投資で成功するために」~娘に贈る13の言葉 ジム・ロジャース著

(図書館本)

 

人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉

人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉

 

 

こうすれば儲かるとか、投資のHOW TO本ではなく、どうすれば自分の人生を自由に幸せに送ることが出来るか。

60歳にして初めて父親になったジムロジャースが最愛の二人の娘に伝えたい言葉の数々。

「分別がつく28才になる前に結婚してはいけないよ」にはクスッとしながら、

確かにそうだわ・・・・と60過ぎのおばちゃんは納得。

 

二人の共通点を探すとしたら、

二人とも成功してに大金持ちになりました。ビジネスと投資家の違いはあっても、二人とも最初から裕福な家に生まれたわけではなかった。誰よりも勤勉に、よく働き、人一倍頑張って生きてきた。成功してからも無駄お金の使い方はしない倹約家。

 

人生の成功とは、なりたい自分になることだと思うので、二人とも成功者ですね!

 

兼高かおるさんの本~人生は3分割

「わたくし」という言葉が自然で美しい。

読んでいて心地よく、私もこうありたいと思うような本でした。

世界を歩いて本物に触れてきた方の言葉は違います。

 

人生3分割。学んで、尽くして、あとは自由に

人生。

最初の3分の1は、あとで世の中の役に立つようなことを習う

次の3分の1は、世の為、人の為に尽くす。

残りの3分の1は自分で好きなように使う。

きっちり3分の1づつとはいかないまでも、わたくしは人生をこのような3分割で考えています。

 

昭和3年生まれで現在90歳になられるでしょうか?

まさに、人生は=旅だと思いました。

 

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!

 

 

編物は楽しいけれど…そろそろ動き出したい

靴下4号 初めてのナイフメーラ 糸です。

f:id:soliste:20180425094454j:imagef:id:soliste:20180425094506j:image

Opal ドイツ🇩🇪の糸からイタリア🇮🇹のナイフメーラに変えて、なんだかムズムズと海外旅行行きたくなって✈️きました。

 

お正月に何気なく始めた靴下編み、今年は例年にない寒い❄️冬から花粉症の季節へと、ひきこもりな1月から4月

気がつけば!5月の連休がStartです。

編み物は、楽しいし大好きだけれど、運動不足とひきこもりがちになるところが問題だなあと 

アスリートでもこんな風に体と心のバランス取るには編み物っていいんですよね

f:id:soliste:20180425094341j:image

筋骨隆々のボクサーが編んでる姿は、あまりに可愛くて😊😁  心和みます。

ネットで見つけた写真ですが、保存してUPさせて頂きました。コレって違法じゃないですよネ⁈

 

さあーて、靴下はこれで一旦打ち止めにして

そろそろ、動き始めましょうかねえ〜♪

 

4足編んでみて、お世話になった本の数々を感謝を込めてご紹介しますネ

f:id:soliste:20180425094238j:image

ありがとうございました〜

中でも、初心者の私にとって、大変勉強になりましたのは林ことみさんの手編み靴下研究所でした。

 

手編み靴下研究所 (ニットマニアックス)

手編み靴下研究所 (ニットマニアックス)

 

 

林さんの本は何冊か持っていますが、どれもセンス良いだけでなく、親切なんです。

お人柄が出るんですよね。

料理本も手芸本も。

 

この人意地悪だなあと思う本、ありますね。😳

 

 

 

 

 

 

靴下3号からレース編みBegin

靴下🧦3号が出来ました

1月から始めた靴下編み。

うん、1号よりは成長してるのはわかるが、左右大きさが違うわよネ🤣

f:id:soliste:20180405111931j:image

片方だけミニ輪針を使わず5本棒針だけで、号数を変えてみた。あれこれ実験中。

まだまだ発展途上です。まあ良しとしましょう👌

履いちゃえば、わからないわよ。足元に見えるのは、記念すべき靴下1号🧦  

プレゼントには🎁ならないわネ😅😅

寒かった冬も、いきなり夏日‼︎のような気候に誘われて、

レース編みBegin❣️

f:id:soliste:20180405111955j:imagef:id:soliste:20180405112001j:image

レース編み歴は長いです。小学生の夏休みの宿題にレース編みドイリーを持参した。

ソレを翌年、世渡り上手な妹が洗濯して糊付けして貰って自由課題作品として持って行ったという歴史があります。なんて要領が良い(⌒▽⌒)こと

長女からみると次女は😊😊🤯、世渡り上手🙋‍♀️

次女からみると、長女は融通が利かなく見えるらしい。😁

そうねえーそういう面は確かにあるかも知れませんねえ…。

そうやって60年生きて来ちゃったんですから。🤣しょうがない。

 

ところでレース編みの良さとして、何年も長持ちするんですよね。洗濯して糊付けしてアイロンかけて、使える。

f:id:soliste:20180405112553j:image

2002年発売の小瀬千枝さん太糸で編むドイリー

から  

この本とっても良い本です。30種類のドイリーが載ってます。いくつも編みました。

f:id:soliste:20180405112606j:image

その中からDoily2 の小さなコースターを編み足しました。

f:id:soliste:20180405112617j:image

 

 

 

太い糸で編むドイリー

太い糸で編むドイリー