60歳からの人生(旅)ノート

おばちゃんが楽しく学ぶ 英語と投資 日常の記録

DAN 高橋さんの英語Version と日本語Version

感動した❗️

英語の勉強の為に、

DAN 君の英語Versionを、先に聴いてから 日本語Versionを聴くようになった。

DAN君の英語はとても聴き取りやすい。トランプ大統領よりず〜〜っと 笑

こんな、ワタシでも毎日聞いていると、80%位わかるようになってしまったヨ 

   喜びの舞 〜〜♪♪^^;;

金融関係の単語も、最初はわからない言葉が多かったけれど、

基本的に、株が上がったり、下がったり自分が興味ある事なのと、一度覚えてしまえば、結構繰り返し出てくるので慣れてくる。

 

基本的に日本語Versionも同じなのだが、やはり、英語だとDAN君の思いというか?感情が 吐露される時があって。。。

日本語Versionでは言っていない言葉がある。

実は、先日も思わず、英語Versionで。自分の誕生日を🎂🎉ボロッと、言った時があった。  

テスラの決算発表だったかな?

実は、その日が僕の誕生日なんだけど   えっ、へっ、へっ とか。言っちゃって。

そういう、チラッと言った言葉を、あれ?聴けちゃった❗️時、私としては、Oh〜〜〜進歩しとるな <我 われ〜〜 とほくそ笑むわけです。😊

 

 

で、話を本題に戻しますと。

今回、何に、感動したかといいますと。。。

 

下記の英語Versionだ。基本的内容は日本語版Versionでも同じだが、最後の方に

このように仰っている。 

 


The Next Financial Crisis?

 

I ‘m very  worried for the future of this country.

I don’t even know if I have kids in this country,but I plan to fight for this country.I plan to do something for this country.

 

「この国の将来がとても心配です。私はこの国で自分が子供を持っているかどうかさえわかりませんが、この国のために戦うつもりです。何かをするつもりです。 この国のために。

 

私は、60歳過ぎたオバちゃん だけど、今の日本の“ていたらく“ぶりを見ていると、やっぱり、このままじゃいけない。こんなビンボーで弱っちい日本はいやだ〜と思うわけ。

バブル時代が100%良いとは言わないけれど、あの経済が強かった日本は🇯🇵街も、人々の服装も、顔つきも、今とは全然違ってた。若者が、良くも悪くも、ブイブイしてたネ。。

経済が強くないと、人は誰でも下を向いてしまう。

今の若い人は、私が若い頃より、地に足つけてしっかりしているなあ〜と感心することが多いんですけど、若い時はもっと弾けさせてあげたいなあ〜と思う時があります。

弾けるとは、つまり、チャレンジして、失敗して、バカやっちゃったけど、出直すから。ができる社会。日本は失敗を許さない社会だというけれど、経済(=お金💰)が回ってたら、失敗してもなんとかやり直しきくと思うんです。自由だって、お金が💰なければ得られない。

 

もう一度、強くて、キラキラ🤩した日本に🇯🇵なってほしい〜と本当に、思うのです。

そのためには、日本は英語と金融が強い国にならないとダメだと思ってます。

 

 

f:id:soliste:20200804182903p:plain

 



 

 リフォーム中 途中経過

f:id:soliste:20200804183557j:plain

私の部屋 壁紙剥がしたところ

 

f:id:soliste:20200804183140j:plain

お風呂リフォーム 完成  TOTO

わ〜い!お風呂完成しました。

給湯器も交換するので、リモコンがまだガムテープで貼ってありますが。。