60歳からの人生(旅)ノート

おとな女子が素敵に生きる為に、60歳からの第2の人生をあなたはどう生きますか?

暮らし道楽

住宅メーカーのパンフレットも、昔とは大分趣きが違っている事に気づきました

 

世の中は、価値観が「モノからコト」にシフトしているように、住宅も建物というハコから、暮らすコトを重きを置いて、考え、創られています。

我が家も、新築して20年、屋根や外壁や、キッチンやトイレなど、小さなリフォームや修繕を何度かしましたが、

還暦すぎて、これからは住まい=Homeが、ますます重要な場所になると実感しています。

そんな時に、住宅のパンフレットから、大変目を惹く記事を見つけました。

へたな雑誌より、中身濃いなあ〜と心にガツンときましたので、ブログで紹介したいと思います。

※以下は三井ホームのパンフレットより記事抜粋しました

f:id:soliste:20170319081724j:imagef:id:soliste:20170319081734j:image


暮らし道楽
素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが壮年になってから実現されることである。

~A.D.ヴィニー


自分の好きなこと、したいことに惜しみなく時間を費やし、
それを存分に楽しむための空間を持ち、
日々の生活そのものに夢中になって暮らす。
ここではそうした行き方を『暮らし道楽と名付けた。
それは、仕事や子育てが一段落した人にこそふさわしく、
知識や経験が豊富な大人だからこそ大いに楽しめる生き方だと思う。
何か興味があることを新しく始めてみるのもいい。
続けてきた趣味をさらに極めてみるのもいい。
昔、途中で手放してしまった夢を再び追い求めてみるというのもいいかもしれない。
事実そうやって、自ら充実した日々を創り出している同世代は沢山いる。
大人のリズムで暮らしを楽しもう
自分の価値観で、自分のリズムで、思うままに生きてみようではないか。
そうすれば、家族とのつきあい方もまた、
新鮮で生き生きとしてくるに違いない