60歳からの人生(旅)ノート

おとな女子が素敵に生きる為に、60歳からの第2の人生をあなたはどう生きますか?

小さな家

叶う事なら、もう一回家を建てたいなあ………と思います。 どんな家? 小さな家でいいんです。家に居る時間が幸せだなあと思える家。 夏の明るい陽射しではなくて、秋の柔らかい陽射しが窓から入ってくるような 猫も人も、のんびり寛いで、うとうとしてるような…

老後の趣味と仕事について

うぉ〜〜半年もブログから遠ざかってしまった。。。 この間、念願だった北欧旅行✈️へ行ったり、運動不足解消に始めた卓球に、妙にハマり、週一度の練習に通っています。 旅行も、新しく始めた卓球も、編み物も、私の趣味ですが、仕事を持っていて良かったと…

女盛りは意地悪盛り 感想

女盛りは意地悪盛り (幻冬舎文庫) 作者: 内館牧子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2014/04/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 女盛りは意地悪盛り 感想 内館牧子 著 これは週刊朝日に(2004年2月から2005年6月まで)連載された「暖簾にひじ鉄…

終わった人 感想

終わった人 作者: 内館牧子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/09/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (8件) を見る 内館牧子 著最高におもしろかった‼︎。還暦前後の人には男女問わずオススメの本。 文章が上手いし、言葉の使い…

暮らし道楽

住宅メーカーのパンフレットも、昔とは大分趣きが違っている事に気づきました 世の中は、価値観が「モノからコト」にシフトしているように、住宅も建物というハコから、暮らすコトを重きを置いて、考え、創られています。 我が家も、新築して20年、屋根や外…

残り毛糸でネックウォーマー&ニット帽

2月、時々出るくしゃみに春の気配を感じながらも、 まだ寒い日が続きます 気になっていたのは、ウン年前から放置したままの未完成の編みかけセーター前身ごろ左右各一枚づつ & 残り毛糸。 前身頃はネックウォーマーに変更し、残り毛糸でお揃いのニット帽に…

グラニーシックなインテリア

グラニシックとは?懐かしさとぬくもりにあふれた、おばあちゃんスタイルの事だそうな。。 以前から、気になっている カラフルなかぎ針編み そろそろ、始めてみようかな。。 時代に左右されない丁寧な暮らしの積み重ね。そんな部屋に足を踏み入れると、どこ…

理想のお婆さん

お婆さんになった時、私の理想の暮らしはイタリアの編み物する仲良し3人お婆さん イタリアは2度行きました。一度目はフィレンツェからミラノ、ベネチアまで。2度目は南イタリアでアルベロベッロ、ナポリからシチリア島へ行くツアー。 アルベロベッロの細い小…

英語のおかげ

マイブーム 「英国」なので、イギリス関連の本ばかり読んでいるこの頃。 イギリスと言えば、井形慶子さんは外せません。 私、大好きです!なぜなら、井形さんの本を読んでいると、元気が出てくるから。 特に、この「英語のおかげは」興味を持ったら、或いは…

読書の秋~英国の老人の暮らしから学ぶ

英国の老人の暮らしから学ぶ 最近、TVやネットを観るのも、疲れるというか飽きてきたというか、情報量が多すぎる割には、ほとんど大したものもなく、やはり、心が充実するのは 読書に勝るものはないのでは?と思うこのごろ。秋の連休は全国的にお天気が良く…

映画 はじまりはヒップホップ

ダンス好きの友人3人で「はじまりはヒップホップ」を観てきた。 60歳すぎるとシニア割で¥1800が¥1100で観られるのが、得した気分。 シネスイッチ銀座は 和光の裏にあるミニシアター。 椅子も背もたれが高くて首がちょうど支えられて座り心地も悪く…

あてにしない生き方 &「イギリス流輝く歳の重ね方」

読書 井形恵子著 「あてにしない生き方」 「イギリス流輝く歳の重ね方」 井形さんの本は、好きです。これまでにも結構、読んでる方だと思う。 井形さんの本は、タイトルが上手い! たまにタイトルと中身が一致してないんじゃ?と感じることもあるけれど(苦笑…

初めてのひとり参加で、船に乗ってきた

実は。。。ブログには書いていなかった(=気になりつつも放置状態><;;> が、2か月程前に初めて一人参加で地中海クルーズに行ってきた。 旅行会社のツアーに参加して、その日程をなぞるように旅行記をUPしたり写真を何十枚も、UPしている人があるが、アレはど…

何処か、旅に行きたくなった(追記あり)

2月、まだまだ寒い。 来月には北海道まで新幹線で行けるようになる。 私は、飛行機と大型客船は大好きだが、大して鉄道好きではないけれど。 でも、新幹線なら、多少ワクワク感があるかも?知れない。 富山まで、ちょこっと美味しいお寿司を食べに行けるこ…

御用菓子

創業80年余り 老舗の和菓子屋、扇屋「御用饅頭」はかつて昭和天皇が那須御用邸ご到着の折、護衛隊の皆様やお付きの方々に、ご到着のお茶請け菓子として出されたというもの。その時の「おつき菓子」と呼ばれたお菓子だそうです。 柔らかくて、洋菓子には無い…

はじめに

60歳になった。とうとう。。。なってみると、体力的には流石に筋力や持久力、ジャンプ力etc...は確実に落ちているのは実感するものの、気力的には解放感というか、新たにチャレンジしたいことが次々に浮かんでくる。60歳=還暦とは 還暦とは、60年で干支…